巨商伝

巨商伝

巨商伝のイメージバナー

『巨商伝』は、16世紀後半の北東アジアの戦国時代を背景に、日本、朝鮮、中国、台湾などのアジアを巡り、交易を通じて巨額の利益を動かす「巨商」を目指していく、低スペックPCでも遊べる2Dタイプのオンゲです。商人としてお金を荒稼ぎしたり、戦闘シーンにはリアルタイムストラテジー(RTS)形式が採用されるなど、他のオンゲとは違うMMORPGです。

こちらからゲームスタート!
↓↓↓
巨商伝
巨商伝のSSその1 巨商伝のSSその2 巨商伝のSSその3

巨商伝の世界観
16世紀後半の北東アジアが舞台となっており、戦乱の世を生き抜く商人がゲームの主役となります。商人たちは国家の利益と個人の富のため、海を渡り山を越え、様々な商売、戦闘、戦術、経営、経験を蓄えました。

戦闘・行商・商団・施設などあらゆる手段で 沢山のお金を稼ぎ、色々な人々と出会い、偉大なる商人である「巨商」を目指していくのが巨商伝の目的となります!

金を荒稼ぎしよう!
「商人としてお金持ちになること」を最大の目的としている『巨商伝』では、プレイヤーは商人として大陸間で交易を繰り返し「安く買い、高く売る」というビジネススタイルを基本にゲームを攻略していくことになります。バトルによってお金を得たり、ドロップアイテムを売ることでお金を稼ぐこともできます。

また、村への投資で財力を増やすこともでき、投資をして2ヶ月連続でその村の最高投資者になれば「大商」となり、「商団」と呼ばれる組合を作ることができます。

「商団」は、商売や生産施設などで村の経済状況を豊かにするだけでなく、自分の財力を増やすチャンスが多くなるなど、いわばギルドのようなもので、商団同士で戦争をすることもできます。

リアルタイムに進むバトルシーン
バトルシーンでは、「リアルタイムストラテジー(RTS)」形式が採用されています。リアルタイムに進行する時間に対応しつつ、プランを立てながら敵と戦うことになります。ただ、プレイヤーキャラや傭兵にはAI機能が備わっているので、放っておいてもバトル自体は進行していきます。

傭兵は最大で11人まで雇用することができ、傭兵もプレイヤーキャラと同様に成長していきます。成長すればより強力な技が使える武将になるなど、プレイヤーの心強い味方となってくれます。

低スペックPCでもサクサク動く
モンスターを倒してレベルを上げていくことだけになりがちな普通のオンゲとは違い、お金を稼ぐことが大きなテーマとしてあります。

そのためのあらゆる手段がたくさん用意されており、低スペックPCで動くような動作環境に設定されているので、一昔前の低スペックPCでもサクサク楽しめます!

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows 2000/XP/Vista/7/Mac
CPU Pentium II 400MHz 以上 Pentium II 400MHz 以上
メモリ 128MB 512MB
グラフィックカード 解像度:800×600 表示が可能な環境 解像度:800×600 表示が可能な環境
HDD 3GB
DirectX DirectX 9.0c以上

(C) 2008 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 2008 AK INTERACTIVE CO .,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

こちらからゲームスタート!
↓↓↓
巨商伝

関連記事