真・女神転生IMAGINE

真・女神転生IMAGINE

真・女神転生IMAGINEのイメージバナー

『真・女神転生IMAGINE』は、シリーズ累計販売数400万本以上を誇る、「女神転生」シリーズをオンゲ化したMMORPGです。本作の舞台となるのは「真・女神転生」と「真・女神転生II」の間にある謎に包まれた空白の時代。あらゆる建物が崩壊して「悪魔」が存在するようになった架空の「東京」が舞台です。シリーズ同様に悪魔召喚プログラムを駆使して、悪魔との交渉をはじめとした、仲魔を召喚や使役、合体など、原作のゲームシステムがそのまま受け継がれたオンゲです!

こちらからゲームスタート!
↓↓↓
真・女神転生IMAGINE
真・女神転生IMAGINEのSSその1 真・女神転生IMAGINEのSSその2 真・女神転生IMAGINEのSSその3

真・女神転生IMAGINEの世界観
「真・女神転生」の物語の後、壊滅状態になった東京を舞台に、プレイヤーは法と秩序を重んじる「メシア教団」と混沌と破壊を信奉する「ガイア教団」との対立や、神と悪魔の抗争に巻き込まれつつも、悪魔召喚プログラムを手にした「デビルバスター」として生き抜いていくことになります。

お馴染みの「仲魔」達
『女神転生IMAGINE』一番の特徴は「悪魔」の存在です。ゲーム中、プレイヤーの前に敵として現れる悪魔の多くは、「交渉」を行うことで「仲魔」にすることが可能になっています。仲魔になった悪魔は、プレイヤーと共に戦いに参戦しサーポートしてくれるなど、敵から一転し頼もしいパートナーとなります。

「仲魔」となった悪魔同士を合体させることも可能です。合体させることでより強い仲魔を手に入れられることができ、この「悪魔合体」は女神転生シリーズにおける特徴的なシステムですが、女神転生IMAGINEでは仲魔の持つスキルを合体によって遺伝させることができます!「悪魔合体」にもいくつか種類があり、仲魔の組み合わせ次第で様々な仲魔と成長していきます。

スキルによる駆け引きが楽しめる
バトルシーンは「アタック」「ラッシュ」「ガード」「カウンター」というスキルを駆使し、1つ1つの行動を指示していくスタイルをとっています。これらはジャンケンのような関係性を有しており、アタックをはじき返すガード、ガードを突き破るラッシュ、反撃技のカウンターなど、多種多様な物理スキルの組み合わせによってなっています。

仲間の攻撃を指示したり、敵のとの相性などが複雑に絡み合い、一般的なクリックタイプのものと比べて頭脳プレイが必要になってきます。最初は難しく混乱することもありますが、チュートリアルがわかりやすくしっかりしているのでじっくりとゲームシステムに慣れることもできます。それに、複雑さが生み出す絶妙な駆け引きは、クリックタイプのオンゲでは絶対に味わうことができない楽しさがあります!

豊富なアバターアイテム
忘れてはいけないのが、豊富に用意されているアバターアイテムの数々で、実用性の高いものから過去の「女神転生」シリーズもの、遊び要素の強い着ぐるみなど多くの装備品など様々です。

これらの装備品はキャラクターの強さに依存する割合が低く設定されているので、好きな装備を着こなしたり、その日の気分で着せ替えを楽しめるのも本作の魅力となっています。

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows XP/Vista/7
CPU Pentium3 1.0GHz 以上 Pentium4 3GHz 以上
メモリ 512MB以上 1GB以上
グラフィックカード nVIDIA GeForce4以上 ATI RADEON 8500以上 GeForce 7800以上 Radeon X1800以上
HDD 3.5GB以上
DirectX DirectX 9.0c以上

COPYRIGHT (C) Index / (C) CAVE

こちらからゲームスタート!
↓↓↓
真・女神転生IMAGINE