オペレーション7

オペレーション7

オペレーション7のイメージバナー

『オペレーション7(OPERATION7)』はプレイヤー同士の戦いをメインにしたFPSです。本作はFPSの中でも銃器へのカスタマイズ機能が豊富で、性能や見た目を変更できたり、FPSでは珍しいアバター機能も取り入れています。個性的な武器、キャラクターで対戦ができる無料オンゲです!

オペレーション7のSSその1 オペレーション7のSSその2 オペレーション7のSSその3

世界観・ストーリー
冷戦の終息後、全世界では小規模な局地紛争が多発し、強大国の度重なる内政干渉と文化侵攻、経済干渉などは、不安定な多くの国々の頭を悩ます種となっていた。このような数多くの紛争と暴動、混乱に乗じて好況に転じていったのが「傭兵産業」である。

2010年以後、次第に拡大していく傭兵産業に、各国は先を争うように派遣要請をするようになり、いくつかの国は国家規模での傭兵量産を行うほどだった。このように傭兵は、大小の暴動鎮圧はもちろんのこと、巨大企業間の暗闘、小規模局地戦等の様々な戦場に投入され、その名声と存在価値を確固たるものにしていった。

特に激しい戦場となった7ヶ国での戦闘行動は「OPERATION7」と呼ばれ、やがてそれは世界を覆う数多の紛争を総じて指す「時代の名称」として広く知られる事となった。

「OPERATION7」は今日もまた新たな傭兵を迎え、その火種を拡大していく。

Weapon Assemble System(W.A.S)
『オペレーション7』では、銃器は6つのパーツに分けられており、それぞれのパーツを自分にあったパーツに変更して付け替えることができます。

銃の性能や見た目を自由に変更することができ、自分にピッタリな銃を見つけるまで色々と試して使ってみるのもいいですね。

豊富なアバター機能
『オペレーション7』では、戦場にあわせたアバター(戦闘服)が用意されており、アバターによってはカモフラージュ効果のあるものからネタアバターまで、普通のFPSには見られないこだわり要素があります。

現実世界でも取り入れられている「迷彩効果」による戦術を、本ゲームでも体験してみましょう!

ゲームモード
■コマンダー
各チームのプレイヤー1人がコマンダーとなり、敵チームのコマンダーを倒すことで勝利となります。もちろん、先に味方チームのコマンダーが倒されれば敗北となりますが、コマンダー以外のメンバーは何度でもリスポーンすることが可能となっています。コマンダーは弾薬と治療キットアイテムを置くことができる補給能力を持っていたりと、シンプルな銃撃戦とは違った楽しみ方ができます。

■サバイバル
一度倒されたプレイヤーは、そのラウンド終了時まではリスポーンできないモードです。慎重かつ戦略的な戦い方が求められ、チームでの連携が必須となるモードです。

■デスマッチ
敵チームを殲滅するモードです。設定した人数の敵もしくは味方が倒されると勝敗が決します。

■デモリッション
爆破特定エリアの爆破を行うモードです。防衛側と爆破側に分かれ、爆破側は敵を全滅させるかマップに2箇所ある爆破ポイントの1つに爆弾を設置し、爆破するまで爆弾を解除されないよう守りきれば勝利となります。防衛側は敵を全滅させるか、制限時間内に爆弾を設置させなければ勝利となります。

■ホールドライン
マップの各所に配置された旗を占領し、制限時間内により多く占領したチームの勝利となります。旗の近くにいるだけで旗の占領が行えますが、占領中は攻撃ができなくなります。

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows XP/Vista/7
CPU Pentium4 3.0GHz 以上 Core 2 Duo E4300 以上
メモリ 1GB 2GB
グラフィックカード GeForce 6Series 以上 GeForce 8600 GTS 以上
HDD 10GB以上
DirectX DirectX 9.0c以上

© 2008 MGAME JAPAN Corp & PARKESM.

関連記事