Wizardry Online

Wizardry Online

Wizardry Onlineのイメージバナー

『Wizardry Online』は、リセットがきかない超本格リアル志向なオンゲです。『Wizardry』シリーズの元祖は1981年アメリカで発売され、オンゲ用RPGの始祖とも呼ばれています。ダンジョン探索、敵との戦闘、アイテム収集、キャラの成長・・・様々なRPGに多大な影響を与えたゲーム内容・システムは、現在までに20種類以上もの系列タイトルが発売されるほどです。30周年である2011年、新しい世代に連なる『Wizardry Online』が始動します。

こちらからゲームスタート!
↓↓↓
Wizardry Online
Wizardry OnlineのSSその1 Wizardry OnlineのSSその2 Wizardry OnlineのSSその3

真の冒険者として「生きる」
ここは剣と魔法が交差する混沌の世界・・・生きとし生けるものすべてにゆとりというものは存在しません。

迷宮に入る前に、「生きて戻ってもられないかもしれない」ということを覚悟しなくてはなりません。宝箱に仕掛けられた罠に安易に手をだせば、大きな痛手を負うこともありえます。無事に戻ってこられても、戦利品を狙うプレイヤーにきをつけなければなりません。

本作は、超本格的リアル志向のオンゲ・・・信じられる仲間を見つけ、決して死ぬことのないようにしましょう。

立ちはだかる深淵の迷宮
迷宮は入り込む者を惑わす・・・。闇雲に押し進めば帰り道を失い、屍と添い寝することになるでしょう。無事に帰るまでは常に死と隣り合わせであることを忘れてはいけません。

路の角を曲がった先のモンスターは、狩られるものではなく冒険者達を狩る捕食者です。それがゴブリン1匹だとしても、決して楽な戦闘ではなく熾烈極めるものになるでしょう。敵わない相手であれば逃げ出すこともできます。リセットのきかないオンゲでは、命を賭す必要はありません。

種族、職業紹介
種族はヒューマン、エルフ、ドワーフ、ノーム、ポークルの5種族存在しています。それぞれステータスに特徴があり、戦闘での向き不向き、スタイルがあります。

職業は、能力や属性に応じてさまざまなものにつくことができます。ファイター、プリースト、メイジ、シーフがあり、先陣をきる近接職から、遠距離物理攻撃・魔法職、ヒーラー、アサシンなど、スキルや戦術も異なってくるのである程度のセンスが問われます。

死と隣り合わせ
本作は注意力のない者が死ぬという当然の世界となっています。最も尊く、最も簡単に失ってしまう「命」、死は絶対であり、通常のオンゲのように簡単に蘇ることはありません。つまり、何よりも優先すべきは「己の命」なのです。

通常のオンゲでは、死亡しても最寄りの村で復活といったことが可能でしたが、本作はそういった生半可なオンゲではありません。場合によってはキャラクター自体ロスト(消滅)してしまうこともあります。まったりと楽しめるオンゲではない、超本格的なリアル志向なオンゲです。その覚悟がある方のみ、真の冒険者となるプレイヤーの挑戦をまっています。

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows XP/Vista/7
CPU Intel Core2 Duo E6000 Intel Core2 Duo E8400
メモリ 2GB 4GB
グラフィックカード GeForce 8600GT GeForce GTS250 以上
HDD 8GB
DirectX DirectX 9.0c以上

(C)Gamepot Inc., All rights reserved.

こちらからゲームスタート!
↓↓↓
Wizardry Online

関連記事